右はかまど地獄代表取締役社長・宇都宮貴さん、左は父 宇都宮嘉彦さん

「100年以上受け継がれてきたこの地で毎日どんな面白いことをしようと考えると楽しい反面、お客様の期待に応えられるだろうかとプレッシャーで眠れない夜もあるんです。」

と優しい笑顔でおっしゃるかまど地獄5代目代表取締役社長・宇都宮貴さん。

5年前に家業を継ぐために戻られ、1年前に父 嘉彦さんから受け継ぎ代表となりました。 今回はそんな宇都宮さんのお人柄にフォーカスし、過去・現在・未来について掘り下げて、お話を伺ってきました。

宇都宮さんってどんな人?これまでのご経歴と大切にされていることを教えて下さい。

大切にしていることは「おもてなしの精神」です。

お客様に喜んで頂くことはもちろんですが、スタッフが楽しんで働ける環境をつくりたいという思いがあります。

その考えは、10年間勤務した杉乃井ホテルの渡辺前社長に強く影響を受けているそう。

「何百人もいるスタッフの顔を覚え、現場に立ち、自らが進んで動く。」

それが経営者であるという事を学びました。

実はうちには案内方法のマニュアルはありません。

「入社したてのスタッフは戸惑いますが、だんだんと自分の言葉で案内できるようになるんです。それが面白くてファンがつくスタッフもいるようです。」と言います。

近くを通りがかったスタッフの後藤さんにお話を伺った。

かまど地獄や宇都宮さんについてどう思いますか?

ウキウキしながら宇都宮さんと施設の魅力について話す後藤さん

狭いからいいですよね!狭いからこそ、お客さまとじっくり向き合える。顔を覚えてもらえる。どの地獄の中でも滞在時間ナンバーワンじゃないかと思います。あと、社長の言うことならなんでも叶えたいって思う、そんな魅力があります。なにより、「目の前のお客さまが笑顔になること。」がスタッフのエネルギーの源になっています。と楽しそうに話します。

「あ、韓国でちょっと話題のケムリおやじがいますよ。」

韓国で大人気?!ケムリおやじの本田浩司さん
まるで魚のセリのような独特の声が魅力的。
10年目のベテラン。踊って説明する日もあるそう。

工夫していることを教えて頂けますか?

工夫していることは、2つあります。
ひとつは「お客さまにとって居心地のいい空間をつくること」

以前の地獄めぐりではどの施設にも休憩スペースはなかったそう。
温泉に入って、ゆっくりくつろげる場所があったら喜ばれるかなと思ってつくりました。
以前の地獄めぐりではどの施設にも休憩スペースはなかったのだとか。 

そしたら「タオルも貸そうよ。」と父が言って(笑)

こういったところに宇都宮さん一家の優しい心遣いを感じます。

他にも自分たちでペイントした看板や焼酎瓶の照明、美しい花壇が迎えてくれます。

観光客はのんびりと足湯につかることができる。
園内ではお義母さまのお手製ガーデニングが楽しめる。

2つ目は「海外出張でたくさんインプットをすること」

旅行に行ったときに、現地の方に日本語で声をかけられて嬉しかったって記憶があって、自分も言葉を覚えたいと思いました。

今の別府について思うことはありますか?

受け身な体質を抜け切れていない気がします。

大きな商業施設が近くにできたことで、
「発信してもらおう。来てくれるだろう。」って。

そういったときに来て下さる方は一見さまになりがちです。
自分たちが大切にしたいのはうちを好きになってくれるリピーターさんです。
さらにはもっと地元の方にも愛される場所になると嬉しいです。

そういった思いで、科学実験イベントなんかをやっています。

施設の今後に対しての思いを教えていただけますか?

「一石を投じたい。受け身ではなく!何より施設をもっと有名にしたいです。」

都会からいらっしゃるお客様には非日常を味わってもらいたいです。

あとは、「多言語の看板を充実させること。」スタッフたちも言葉を覚えてもらいたいなと。みんな英語と韓国語はちょっと話せる。次は中国語かな。笑

一人一人と丁寧に、言語を合わせてよりグローバルに対応していきたいと思います。

最後にお越しいただく方に対して一言お願いします。

スタッフとのコミュニケーションを どんどん とって、温泉に入ってまったりしてほしいです。

継ぐ予定の甥っ子がまだ5歳なので大きくなるまで、あと30年は現役で頑張ります!

かまど地獄ってどんなところ?

温泉湧出量、日本一の大分県別府市。別府駅から車でおよそ15分のところに、有名な観光地のひとつに鉄輪地区はあります。この地には、100年以上続く「地獄めぐり」という楽しみ方があり、かまど地獄は7箇所ある地獄のひとつです。泉温90℃の噴気で、古来より氏神の竃門八幡宮の大祭に、地獄の噴気で御供飯を炊いていた事が名前の由来となっているそう。施設内には、一度に様々な地獄を楽しめるほか、足湯や飲める温泉、温泉スチームなどユニークな体験コーナーがあるのが魅力です。

~おもてなし特典~
・足湯利用者はタオル無料貸出。売店でスタッフにお声がけください。
・希望者は無料で「癒しの湯」に入浴が可能。かまど地獄と同じ湯に入れます!
・温泉水の持ち帰りOK。

宇都宮さんの思い出の場所は「売店」。
40年以上変わらないこの場所で
スタッフの皆さんと一緒にパシャリ。

取材日 2019年8月29日
取材:天野智
撮影・執筆:大堂麻里香