輪を歩く

さまざまな目線で鉄輪をみると、新しい魅力がみえてくる